MIEHITO_0002_01

【フェアトレード品を買って田舎でのんびり暮らしたい】
平澤靖子さん(木工作家・ZIG木工所 / 三重県津市)

1977年生まれ。
岐阜県立木工芸術スクール卒業

調理師として働いた後、ワーキングホリデーにてカナダへ渡り、帰国後、岐阜県立木工芸術スクールにて木工を学ぶ。 卒業後、伊賀市の家具屋で修業し、実家の作業場を使ってZIG木工所として独立。各地のクラフトマーケットに出店して木工作品を販売したり、手作り木工イベントの講師役として活躍。

工房のある地元美里町には、油田陽一朗氏というベテラン家具作家がおり、彼の造った家具を見たことが、現在の仕事への大きなきっかけになっている。それまで、身の回りのものは全て工場生産されているとばかり思っていたところ、手作り家具を見て、その素晴らしさに感動。 更にそれがひとの手で作られたことに強い衝撃を受け、それが後に結果的に木工の道を選ぶきっかけとなる。

とにかく木を触って、何かしら作っているのが好き。求められるものをしっかりした形にできるよう、技術面の向上心も旺盛で、アイデアに富んだ木工作品が多い。
自己主張せず、でも妥協せず。山と田に囲まれた木工所で、たくさんの木材に囲まれて木を削ったり穴を開けたりしながら、優しさの感じられる数々の作品を生み出している。

2012年の夏に第一子を出産し、2015年に第二子を出産し、現在子育て真っ最中ながら木工も再開している。

のんびり、ゆったり、コツコツマイペースの素敵な「みえひと」である。